10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-12-04 (Fri)
編み物教室で開催中の、
ツリーポーチ151009_1
小さなツリーポーチ


体験講習にも参加してくださったKさんの、
ツリーポーチ151204_1
可愛らしい作品が出来上がりました

Kさんは、編み物も慣れていて、
サクサクと進められましたが、

一つ、

『コレを知りたい

とおっしゃったのが、



《アイロンのかけ方》



アイロンがけ、と言えば、
洋服やハンカチなど、
しっかり当てて、しわを伸ばしてピシッと!

ですが、

手編み作品の仕上げには特に、

アイロンがけは、大事なポイントなんです


編み物は、手を使って編むので、
どうしても、編みあがってすぐの状態では、
編みグセから、目が不揃いだったり、形がくたっとしたり、少し歪んでいたり、

綺麗に整っていない場合が多いのです。

それが、

しっかりとスチームアイロンをかけてあげると、

目が綺麗に整って、
形もピシッと!

今回のツリーポーチでは、
葉のふんわり感がアップして、

編みあがったばかりよりも、ふっくらとより可愛らしく整います




そしてもう一つ。
モチーフサシェ151204_2
こちらはブログでご紹介したモチーフサシェを気に入ってくださって、
フリーレッスンにて、編まれました

私が編んだサイズよりも、
少し太めの糸&大きい号数を使いましたので、
一回り大きく仕上がっていますが、

『たくさんあるポプリを入れるんです

と喜んで下さったのを見て、
私もとっても嬉しく思いました


ふっくらとするツリーポーチと、
平たく仕上げるモチーフサシェでは、

また少し、アイロンのかけ方も変わってきます。

レッスンでは、作品によって変わるかけ方や、
綺麗に仕上げるコツなども合わせて、
一緒に、アイロンがけをしました

編みあがりの、少しくたっとしていたものが、
アイロンで綺麗に整っていくのを見ていると、
出来上がりの満足感がアップして、より嬉しくなってきますね

編み方などを解説した本などは数多くありますが、
アイロンのかけ方を詳しく説いたものは、
そう多くは見当たらないような気がします。

レッスンにて作品を完成された後は、
この、最後の大事なポイント《アイロンがけ》も実践にてレクチャーいたしますので、

是非、かけ方を覚えて、これからの作品に役立てて下さいね


関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する