10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-06-14 (Fri)
手作りのアートフレーム製作。


前回の製作日記を見返してみると。。。


なんと、三か月前…
『そういえば、こんなの作っていたなぁ~』なんて、
覚えていて下さった方、いらっしゃるかな?



だいぶ期間が空いてしまいましたが、
ちゃんと、少しずつ…

製作は進んでおりました。



前回までの製作で、
手作り!アートフレーム ~製作日記1~(2013/02/27)
箱と、


蓋の部分が完成した、
手作り!アートフレーム ~製作日記2~(2013/03/04)
アートフレーム。
↑ それぞれの工程の記事は、写真をクリックしてご覧いただけます♪ ↑


滞っていた、この次の工程は、

箱の塗装、だったのです。



塗装は、旦那様が引き受けてくれたのですが、

その大きさも加わって、

四苦八苦


それでも、地道に地道に、
進んでは戻りを繰り返し、


この度やっと、塗装の工程が終了しました



それでは!

旦那様の“汗と努力の結晶”、
箱塗装の工程を、ご覧下さい



箱の塗装は、スプレーを使います。

が、スプレーを吹く前に、
下準備。



箱の角の、
アートフレーム130614_1
つなぎ目部分や、



釘を打ち付けた時に、
アートフレーム130614_2
凹んでしまったところ。


ほんの少しのへこみでも、
残ったまま塗装すると、
表面が綺麗に整わない、ということで、

下地を塗って、軽くやすり掛けし、
表面を平らにならします。
穴を埋める、パテと同じ方法ですね。
が、今回使ったのは、スプレータイプの下地。
名前は…ごめんなさい、忘れちゃいました(><)




見ただけでは分からないのですが、
こうして下地を塗って、ならしてみると、

あちこち、凹んでいたり、傷がついていたりするのが、
よく分かりますね



表面を平らにならしたら、
アートフレーム130614_3
再度、塗装する面、全面に、
下地をスプレー。
外側と、コバの部分、
うっすらと白く見えるのが、スプレーした部分です。




これで、塗装の下準備、完了です



塗装には、スプレーを使う予定だったのですが、

この作業に取り掛かろうとしていた時期は、
あいにく、春の嵐が続いていた時で。


『スプレーは…また今度だね


を、毎週のように繰り返していました



そんなことをしていたら、
日はどんどん過ぎていき、

やらなきゃいけないことが、いつまで経っても終わらない、って、
結構、ストレスが溜まるのですよね。


一度、スプレーを強行した時があったのですが、
予想通り、
強い風に、粉は舞うし、舞う埃が塗装面に付くし、で、

気分はさらにブルーに
付いたほこり汚れは、またやすり掛けだし…^^;



なので、
スプレー塗装は諦め、
アートフレーム130614_4
ペイントに変更


二人で、塗り塗り…

頑張りました





が。






ペイントだと、
アートフレーム130614_5
どうしても残ってしまう、


刷毛の跡。
アートフレーム130614_6
旦那様:『…綺麗じゃない



もともと、ペイントだと、こうなってしまうだろうから、と、
スプレー塗装にしようと思っていたのですが、


どうも、やることすべてが、悪い方に行っているような…




平日はお仕事、
作業は、お休みの日に。

なので、
私としても、なかなか思うように進まない塗装作業に苦しむ彼に、
申し訳ない気持ちで。



多少、刷毛の跡が残っても、
手作りだし、と言うことで、良いんじゃないの??



と、思っていたのですが。






こういうの、彼は妥協できないんです^^;






どうしても、刷毛の跡が残るのが“美しくない”と、

『やっぱり、スプレーする!!!』

再度意気込んだ彼に、


頑張って塗ったペイントは、
アートフレーム130614_7


やすり掛けで、
アートフレーム130614_8
落とされてしまいました



この後、もう一度工程を繰り返すように、


下地のスプレーを吹いて、


やすり掛けをし、



焦らず、ゆっくりと、

時間をかけて、丁寧に、丁寧に…



旦那様がスプレーをかけた、
アートフレーム130614_10
アートフレームの箱は、


こんなにも綺麗に、
アートフレーム130614_9
仕上がりました




光を加減してみると、

塗装の表面が反射して、
アートフレーム130614_11
映っているのが分かりますか??



夫ながら、『スゴイ!』と、ビックリしちゃいました。




これで完璧!十分満足

やっと、箱の塗装が完成した~








と、思ったのは私だけで




箱の表面をよく見ると、

光の当たり具合で、
アートフレーム130614_12
こんな大きな傷や、



凹みが。
アートフレーム130614_13
スプレー前に、下地を塗って整えてはいるものの、


塗り終えて表面が滑らかになると、
気が付かなかった傷が、浮き出てきて、
旦那様ビックリ&ショック



箱に使った木材は、

フレームのサイズが大きかったため、
軽い木材を使ったのです。


ということはつまり、木が柔らかいとも言えて。


細かな傷がつきやすい木材だったのですね。


教訓:こういうものを作るときは、硬い木材を使うべき!

ということが、よく分かりました


この細かな傷が、やっぱり旦那様には気になるようですが、
流石に、もう一度塗装をやり直す気力はなく…


それに、傷といっても、
光の加減と、よくよく見なければ、
全く気にならない程度なのですよ



長かった、箱の塗装作業。

旦那様の、汗と努力(体力?気力?)の結晶。
アートフレーム130614_14
美しく、綺麗に輝きました
line7
続いての製作日記は こちら♪
⇒ 手作り!アートフレーム ~製作日記5~(2013/07/19)

line7


ブログランキングに参加しています♪

今回は、彼が頑張った、アートフレームの塗装作業。

妥協せず、やり切った甲斐があったねと、
彼に労いのクリックいただけると、

私もとっても嬉しいです


いつもクリックありがとうございます♪
とっても励みになります^^
↓↓

クリックありがとうございます♪

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 手づくりを楽しもう * Genre : 趣味・実用 * Category : クラフト
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

鍵コメさま♪ * by ruru
こんにちは^^

この週末も、雨が降ったり、陽が差して蒸し暑くなったり…
身体がついてこないですね(@@)

皆、無理せずに、過ごしていきたいですね^^*

コメント







管理者にだけ表示を許可する