しあわせニット

手編み教室atelierRuto&暮らしのハンドメイド
Top Page › Archive - 2018年09月

アレンジラグ/モルモルスルータ

小さいのから、おおきいものまで、これまで沢山編んできた、モルモルスルータ。大抵、小さなモチーフを、つなげることがほとんどだったけれど。こんな編み方を何かで見かけて、編んでみたくなりました基本的には、お馴染みのモルモルスルータの編み方ですが、最初だけ、四角で編んだら、途中からは、二辺だけ“鍵カッコ”のように、往復編みで。最後は、一週ぐるっと拾い目して、四角編みに。たぶん、こう編むんだろう、という予測は...

*編み物教室* 生徒作品/かぎ針編みのポーチ

本日は、久しぶりの生徒作品をご紹介こちらはSさんの作品ですかぎ針で編む、編み込みチェック柄のポーチ。パターンはこちらから↓【あむゆーず 作品レシピ】 チェック柄ポーチかぎ針の編み込みは初めてのSさん、4つの玉糸と苦戦しながら、最初こそ、糸替えに混乱したけれど、手が慣れると、サクサクと、柄が浮き出てくれば、気分も楽しく編み込みは完璧にマスターです使い勝手の良さそうな少し大きめのポーチの口は、ばね口金を...

夏は終わらない…/ハイビスカス

今年、我が家にやってきた、ハイビスカスの鉢植え。元々、大きく膨らんでいたつぼみ二つが咲き終わり、潔い夏の終わりを、感じたのだけれど。ところがどっこい、我が家の夏は、終わっていなかった…ようやく、秋風涼しくなったこの時期に、見事に咲いた、我が家の夏今回も、相変わらず、一日でお行儀よく、しぼみました咲く時期がいつか、はっきりとは不明だけれど、つぼみはあと、5個以上はついている模様。花はとってもキレイで...

おっきなポーチ♪/余り糸活用法#4

余り糸活用法、第四弾は、白のコットン糸で、もう一つこれだけでは分からないけれど、実は、なかなか大きいんです模様も気分で、目数も、糸と相談しながら、気分で、そうして編んでいたら、思っていた以上に大きくなりました模様は、クローバーみたいな三つ葉が、小窓から見えるようなボーダー柄。模様はこちらから↓かぎ針編み パターンブック300これも、記号図で見るよりも、編み上がりが可愛いウェアだとちょっと可愛くなるかも...

ちっちゃなポーチ♪/余り糸活用法#3

使い道のなかった、余り糸   段染糸で作ったポーチとカゴ(?)で、余り糸で、模様の試し編みをするのは、なかなか収穫ありということが分かり。調子に乗って、白のコットン糸で一つちっちゃなポーチが完成ですお馴染みスレッドコードは、ナチュラル色の、濃い目と薄い色の2色で2本。濃淡の二色を、コードの引き揃えで使っても良かったのですが、色違い紐の使い方も面白いかな?と思って紐の色が違う代わりに、紐止めのウッド...

カゴ?カバー?/余り糸活用法♪#2

持て余していた糸玉から生まれた、ポーチ。まだ少し糸が残っていたので、別の模様を使って、もう一つ巾着になる予定が、分量がそこまで足りずに、カゴか、何かのカバーの状態で完成これの使い道があるかどうかは、かなり怪しいけれど、模様の方は、大収穫中長の玉編みがベースですが、玉編みが斜めに組み合わさっていくのが、なかなか面白いそして、玉編み模様で編地は厚く。糸の柔らかさも残しつつ、側面が自立するしっかり感↓模...

巾着ポーチ/余り糸の活用法♪

余り糸編み物していると、やたらと増える、中途半端に残った短い糸。これまで、どうにも使い道がなかった短な残り糸は、モチーフに使ってきたけれど、モチーフばかり編んでいたら、ちょっと飽きちゃった加えて、使い道に悩むのは、何も短な糸ばかりでもなく、それなりの分量があるのに、使われず、ずぅ~っと、玉糸で残っていたりするものだって。そんな玉糸を目にするたび、(どーしたもんか、なぁ~)と、毎度悩みつつ、見てみぬ...

秋色ヘアバンド/アラン模様

今日から9月。暑さがぶり返した8月終わりから一転、うす曇りの一日で始まった9月は、すっかり空気が秋色ですね~涼しくなってくると、やっぱり。棒針のニットが恋しくなりますアラン模様のヘアバンド。余り糸を組み合わせたので、反対側は、色イロ大好きな、アラン模様。模様が見えづらい黒い糸を使うかどうか、迷ったのだけれど、案外、悪くないなぁ~遠目で見ると、やっぱり模様は分かりづらいけれど黒一色の、総アランの、ロ...