06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-11-19 (Mon)
年末に向けたお片付けと、

ここ最近の、ぐっと強くなった冷え込みに、

冬物が眠っているタンスに手を伸ばしてみたら…



とっても思い出深いものが


ごくごくシンプルな、

メリヤスの表編みと裏編みだけで編んだ、

紺のマフラー。

マフラー121119_1

『オシャレ』…とは言えないこのマフラー、

私が、初めて編んだ、

思い出のマフラーです



私の編物の師匠は、祖母でした。

母も、裁縫から編物から、
昔は、石鹸をリボンなどで飾り付けしたアレンジ(?)や、
蝋を使ったモノ(何を作っていたのかは「?」)なども

色々な手芸が好きでしたが、

祖母は、何より編物が大の得意で、
セーターなどは、一週間で編み上げてしまうほど。

そんな祖母から、
私は編物の手ほどきを受けたのでした。


祖母の家に遊びに行くときは、必ず、
編み針にかかった編みかけの“編地”を持って、
この頃は、何を編むわけでもなく、ただただ、毛糸を編んで編んで…

隣で、ずっと編物。


メリヤスの、表編みも、裏編みも、

糸を繋ぐときの、解けない結び方も、

どんなに糸が絡まっても、絶対に解けることも、


祖母が教えてくれたこと。

私が、着なくなったニットを何でも解いてしまうのも、
きっと、祖母の影響です



小さな手で、
編み針に四苦八苦しながら、
編んでは、間違えて…その度に編み地を解いて…

でも、糸を解くのも楽しくて…


そんな繰り返しを見守ってくれた祖母の、

『解いてやり直すことが楽しいのなら、
 きっと、編み物上手になるよ』

という一言が、

何故だか褒められたように思え、
とっても嬉しかったことを覚えています



このマフラーを編み上げたのは、
私が、小学生の頃。
たぶん、3~4学年の頃だったかなぁ…?
マフラー121119_2
ちょうど家にあった編み物の本に載っていたマフラー。

両端に、裏編みの、ひし形とクロスの模様、

お手本通りの編み図で編んだのですが、
模様が分かりづらいのです…

そして、時代のせいなのか、
マフラーの長さが、短め…
今が長めになったのでしょうか?

首にひと巻き、が限界の長さなのです

そう、このマフラー…
マフラー121119_3


実は、編んでから、一度も使ったことがないのです。





それでも、

このマフラーだけは、

解いて、編みなおすことは出来なくて。


何かの折りに、目にしては、

手にとって、
編み目を指でなぞってみたり、
ちょこっと首に巻いてみたり…

ホンワカな気分になっては、

またきちんとたたんで、タンスの中に


私がおばあちゃんになって、
お迎えが来た時には、
愛用の編み針と一緒に、
必ず、このマフラーも添えてもらおう…


私の、大好きな“毛糸生活”、

自分の手で、何かを作っていく、
私の“ハンドメイド・ライフ”は、

この、シンプルな紺のマフラーから、始まりました


ブログランキングに参加しています♪

御紹介の++dear one++
「可愛い~」「Good」のポチっ!でも
「読みました~☆」のポチ!でも、
クリックしていただけると、とっても嬉しいです


こちらのバナーをクリック♪
↓↓

クリックありがとうございます♪

皆さまの応援クリックが、
ブログ更新&ハンドメイドライフの励みになっていますp(^^)q
ちょっとお手間ですが、どうぞ宜しくお願いします


関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する