04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-06-03 (Fri)

講習作品《サマーグラニーバック》

サマーグラニーバック160603_1

夏にピッタリな、さらっとしたペーパーヤーンを使った、サマーバックです
お好みの色を組み合わせていただけますので、
オリジナルなバックで夏を装ってみませんか?


~ 時間・受講料・教材費 ~

1回2時間 受講料1,620円(税込)
教材費 2,400円(税込)※持ち手別



~ 必要な道具 ~

かぎ針 7/0号、8/0号



~ 講習の目安 ~

4~5回程度


~ 開催スケジュール・申込方法 ~

コチラをご覧ください → 


編み物は、ウールやアクリルなどの、
いわゆる“毛”糸だけでなく、
長~いひも状のものであれば、何でも、

編むことができます

夏の時期には、コットンやレーヨンを使った、
サマーヤーンが主流ですが、

麻や紙を使った糸(紐?)も、
ベーシックな夏素材として、定番になっていますね

そんな中から、今回は、
紙素材のテープヤーンで作るサマーバックをご紹介します。

形は、丸みがあるグラニーバック型ですが、
サマーグラニーバック160603_2
脇にマチをつけて、筒型のような形に仕上げました。
マチが入る分、通常のグラニーバックよりも形が安定して、
使いやすくなったかな?と思います

サイズは、
幅:約38cm
深さ:約18cm
※持ち手は、直径13cm前後
です。


色はお好みの3色を組み合わせていただけます。
サンプルでご紹介した、マリンカラーの他にも、
サマーグラニーバック160603_3
ナチュラル系を組み合わせれば、
また雰囲気も変わりますね

今回、持ち手は教材に含まれません。
プラスチックや藤、ウッドなどなど…
持ち手にも色々な素材がありますので、
色合いと合わせて、お好みのものをご用意いただければと思います。


ペーパーヤーンは、いわゆる毛糸とは素材が違うため、
固さはもちろん、糸の滑り具合なども、全く異なります。

編んでみたいけれど、使ったことがないからちょっと挑戦しづらい…

なんて、思っていた方など、
糸の扱い方、編むときのコツなども合わせてレクチャーしますので、
是非、一緒に編んでみませんか?



そして、今回は、サマーバックにプラスワン

レッスンでバックを完成された後、
ご希望の方には、
サマーグラニーバック160603_4
こちらの、ばね口金ポーチのパターンを差し上げます

バックを編んだ残り糸を使えば、
サマーグラニーバック160603_5
お揃いのポーチが作れます
※ばね口金、チェーンなどのパーツは、各自ご用意ください。
※糸の使用量は、編む方により差があります。
そのため、残り糸の分量によっては、ポーチ分が足りない場合もありますので、ご了承ください。


作品としては、編む分量も多く、
完成まではちょっと時間がかかりますが、
編み方は、かぎ針編みの基本的な編み方ですので、

初心者の方でも、チャレンジしていただきやすいサマーバック

7月、8月、開催予定です

line6


↓ 7・8月はこちらも開催です  ↓
《オムレットポーチ》
↓ 体験講習も受付中♪ ↓
《かぎ針編みのベビーシューズ》  《棒針編みのベビーミトン》


line6

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 講習作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する