05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2015-12-21 (Mon)
以前、一歳になる姪っ子に編んだのをきっかけに、

ベビーサイズの作品の可愛らしさにはまっています

はじめは、耳当て付帽子、
~Knit for Baby~ 耳当て付帽子#2


次に、ベビーベスト、
~Knit for Baby~ お祝いのベビーベスト/ホワイト×ピンクボーダー


そして、編み物教室でも皆さんに楽しんでいただいている、
ベビーシューズ。
ちっちゃなベビーシューズ♪
↑ 記事は、それぞれ写真をクリックしてご覧いただけます♪ ↑

ベビーの作品は、当然、サイズが小さいので、
完成度はそのままに、
アダルトサイズよりも、短時間で作品を仕上げることができるのが、

一つの“メリット”かな?と思います。

編み物教室で、初めての方向けにベビーシューズをご提案しているのも、
その理由から。

たとえ、簡単に出来るものでも、
分量が多かったりすると、

なかなか初めての方には、疲れてしまったり

事実、自己流で編んでいた昔の自分は、
はじめは、『コレを編んでみよう!』と思って編み始めても、
大きな作品は、結果最後まで完成させることが出来ないものも多く、

『初めてでも簡単!』というコピーにつられて、
簡単だからという理由で、作品を編み始めてみても、
完成してみると、なぜか気に入らなくて、

そのあと、全部解いてしまったり…

そんなことを繰り返していました



そんな私の経験から、

編み物を始める方には、

1.サイズの小さいものから始める

2.作品の難易度は考えずに、『編みたい!』『使いたい!』『着たい!』と思うものを選ぶ

ということを、お勧めしています



そして、もう一つ、大切なのが、

- 作品を仕上げる -

ということ。

編み物は、確かに、糸を“編む”もの、ではあるのですが、
実際に、何かを編もう、とすると、

ゲージを編んだり、パターンを起こしたり、
編むまでの下準備や、

編んだ後のアイロン、拾い目、
とじはぎ、糸始末、などなど、

編んでいる時間と同じくらい、
前後の手間がかかるものだったりします。
ホント、糸始末とか…手間なんですよね~^^;

でも、その手間が、一番大切。

だからこそ、サイズの小さなベビーニットは、
私にとって、手慣らしとしても、編むテクニックの練習としても、
また、パターン作りや、仕上げの練習としても、

とっても重宝する、作品の一つなんです


ということで、前置きがずいぶんと長くなりましたが(笑)

本日のご紹介。
ベビーベスト151221_1
ベビーベストを編みました

これで、同じデザインのベビーベストは3枚目ですが、
サイズをちょこっと変えて編んでいます。
モデルが居ないので、サイズの確認が出来ないのが難点ですが…--;

白ベースに、ブルー系の色を使って、
冬らしい色合いにしてみました


前身頃は、細いボーダー柄にしましたが、
後ろ身頃は、
ベビーベスト151221_2
編み込みです。

フェアアイル模様集から選んだ模様をベースに、
パターンを起こしています。

編み込みは、二本の糸を、右手と左手のそれぞれにかけて編む方法を使っていますが、
フランス式とアメリカ式をミックスです
どうしても、右手のアメリカ式の方が、糸が緩み易いのと、

やはりまだ慣れが足りないので、
渡り糸のテンションが強くなったり弱くなったり。


遠目で見ると、模様も綺麗に見えますが、
ベビーベスト151221_3
少し近づいてみると、目が粗くなっているのがバレてしまいますね

編み込みは、手が慣れるまで練習がまだまだ必要…

先日、フェアアイルニットの本をよくよく読んで、
フェアアイルに特徴的な『スティーク(エキストラ・ステッチ)』の方法も、やっと理解できたので、

いつかは挑戦したいと思っていた、総編み込みのフェアアイルニット、
チャレンジしてみようかな…
ベビーベスト151221_4
もちろん…ベビーサイズで


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する