09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-01-23 (Fri)
前回ご紹介した、
モチーフラグ150116_1
四角いモチーフを繋げて作ったラグ。

それぞれのモチーフを、
濃淡オレンジ色の2色で編んで繋げましたが、

長編みと鎖だけで、一段一段グルグルと編んでいくだけなので、
中心のモチーフのように、
一段ごとに色を変えることも簡単にできます

二色で交互に編んで、ボーダーっぽくしても良いけれど、
こんな風に、
モチーフラグ150123_1
一段一段、全部違う色で編んでも面白いのです

そして、こんなモチーフを沢山編んで、

繋げてみると。

とってもカラフルな、
モチーフラグ150123_2
北欧風なラグが出来上がりました

かなり色んな色が組み合わされていますが、

実はこれほとんどが、

大きな作品を編んだ後に残った、

余り糸。


よくよく見ると、結構奇抜な配色もあるのですが、
モチーフラグ150123_3
最終段を濃い色(ダークグリーン)で合わせたら、
全体として、しっかりと落ち着いてくれました



いつもいつも、使い道に困ってしまう、余り糸。

作品を編むのにも、絶対的に量が足りないし、

かといって、

“もったいない”と、処分も出来ない私の手元には、

コロコロと小さな小さな糸玉が沢山溜まっていくのです


そんな時に出会ったのが、
こちらのニットブック。

アルネ&カルロス 北欧のガーデンニット ノルウェーの庭から生まれた36の手づくり
北欧ノルウェーで活動されているニットデザイナーデュオ「アルネ&カルロス」、
アルネ・ネルヨルデットさんとカルロス・ザキリソンさんが、
一から手入れをして育てた自分たちの愛するガーデンから発想を得た作品を、
北欧テイストたっぷりに紹介してくれています。

昨年末の来日の際は、東北の被災地を訪れて、
地元の「アミマー」さんたちと、交流もされたそうです。

世界的に人気の高いニットデザイナーさんですから、
沢山の作品を編むわけで、
やっぱり「余り糸」が沢山溜まるのですね

“僕たちはその余り糸を、こんな風に使っているよ”

と、このカラフルなモチーフが紹介されていて、

「なぁ~るほど!

小さいサイズのモチーフなら、糸も少なくて済むし、
特に、中心の一段目は、
“切れ端”くらいの長さでも十分なんです


表紙で使われているブランケットは、丸モチーフですが、
要領は同じで、
これも余り糸を組み合わせて作ったものでしたよ。

見れば見るほど、
ため息が出るほどに素晴らしい作品で、
いつかいつか、作りたい…

と思うのですが。

これだけのモチーフを編んで繋げてって、考えると、
一体、何枚使っているのでしょう…--;

今の私には、
モチーフラグ150123_2
このサイズでいっぱいいっぱいです
でもいつかいつか、きっと…夢は大きく持っています^^


アルネ&カルロスの他にも、

北欧発! かぎ針で編むオーガニックコットンの編みもの小もの (TWJ books)
スウェーデンで活躍されている、エリカ・ラウレルさんのこちらのニットブックにも、
同じような作品が紹介されていました。

こうした四角のモチーフを繋げて作るニットは、
スウェーデンでは『モルモルスルータ』と呼ばれているそうで、
モルモルス=おばあちゃん、ルータ=格子、という意味です
ブランケットだけでなく、表紙にあるようにバックとか、
またはクッションカバーなどにもアレンジできる、
シンプルだけど、だからこそ、色も形も自由自在!な、
優れものモチーフです


モチーフのつなぎ方には、様々な方法がありますが、
大きく分けて二つあって。
これは、一枚一枚編んだ後に、
全部まとめて、繋げていく方法。
もう一つは、モチーフを編みながら、繋いでいく方法。

モチーフ一枚なら、数分で出来るので、
ちょっと空いた時間に、一枚、二枚…

また別の時に、一枚…

と、ちょっとずつ、少しずつ溜めていけば、

気が付くころには、沢山のモチーフが溜まっているはず。

小さくても、何事も積み重ね、
続けることが、大切ですね

まだまだ、たっぷり残っている余り糸。
モチーフラグ150123_4
更なる、“大きな”夢に向かって…


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by まゆみ
こんにちは~♪

こっちのラグの方が私好みかも・・・??
とか勝手に思いながら読ませていただきました。

布小物作りにハマッていた頃に、やはりハギレを処分するのがもったいなくて、結局捨てられずに居たことがあります。
でも小さなハギレも使い道がいろいろあることがわかり、
「いつか気が向いたら作ってみよう!」と思っているものもあって、そのままジャムの瓶に詰め込んであります(笑)。

毛糸も同じように、小さなモチーフをたくさん作っておいて、その後それをつなぎ合わせて大きな作品に仕上げることができますものね(^_-)-☆
ニットブックの表紙のようなブランケット(?)も夢ではないと思いますよ~。

それぞれに思い出のある毛糸を編み込みながら作るモチーフが大集合だったら、さらに「トクベツ」な作品になるに違いありませんね。

頑張ってください!

おはようございます * by 元ちゃん「静かな時間」
ruruさん、おはようございます。

いろんなものがあるんだなあと思いました。
<大きな夢>って良いですね。

う~ん
私も頑張るぞー。



まゆみさん♪ * by ruru
こんにちは(´∀`)

> こっちのラグの方が私好みかも・・・??
> とか勝手に思いながら読ませていただきました。

私も、こういう色使いの方が好みかもしれません♪
いろんな色が組み合わさっていると、
“動き”があるようで、ついつい視線が奪われてしまうんですよね~(*´∀`*)

> 布小物作りにハマッていた頃に、やはりハギレを処分するのがもったいなくて、結局捨てられずに居たことがあります。
> でも小さなハギレも使い道がいろいろあることがわかり、
> 「いつか気が向いたら作ってみよう!」と思っているものもあって、そのままジャムの瓶に詰め込んであります(笑)。

どうやら、何かを作る方の多くは、
端切れとか余りとか、
捨てられない方多いみたいですね(笑)

色とりどりな生地が詰め込んであるジャムのびん、
チョコンとデスクの脇とか棚の上とかに置いてあっても、
それだけでインテリアみたいになりそうですね☆

空き瓶…これも私が捨てられないものの一つで、
ボタンとかビーズとか入れているのですが、
一つ、さらに一つと増えていくと、
その一角だけ、いつか見た雑貨屋さんのような雰囲気になっていて、
一人ニンマリしちゃうんです(*´`)

> 毛糸も同じように、小さなモチーフをたくさん作っておいて、その後それをつなぎ合わせて大きな作品に仕上げることができますものね(^_-)-☆
> ニットブックの表紙のようなブランケット(?)も夢ではないと思いますよ~。
>
> それぞれに思い出のある毛糸を編み込みながら作るモチーフが大集合だったら、さらに「トクベツ」な作品になるに違いありませんね。
>
> 頑張ってください!

何かで使った余り糸って、
これはあのニットで使った糸だ、とか、
これは、ずぅ~と昔から取ってあった糸だ、とか、
小さくなっても、どの糸だったかって、大体覚えているんですよ♪

だからそんな“小さな想い出”が組み合わさったモチーフでつくるブランケットは、きっと、
半端モノから出来ているけれど、大切な“宝物”になりそうな気がします☆

一日一枚編んだら、一年後には365枚!ですからね。

大きな夢は、小さな一歩から。

頑張ります!(≧▽≦)

元ちゃんさん♪ * by ruru
こんにちは^^

> いろんなものがあるんだなあと思いました。
> <大きな夢>って良いですね。
>
> う~ん
> 私も頑張るぞー。

一つ一つは、本当に基本中の基本、というくらいシンプルな形(編み方)なのですが、
色の組み合わせ、大きくしたり小さくしたり、またつなぎ方一つで、
本当に色々なものに“変身”してくれるんです♪

シンプル、だからこそ、一人一人違ったバリエーションが楽しめるのかも、と思います^^

素晴らしい作品を見ると、あまりの素晴らしさに圧倒されて、
「私には手が届くのだろうか…--;」なんて、
ちょっぴり自信喪失(?)みたいに思ってしまうこともあるのですが、

小さくても積み重ねていけば、どんな“大きな”夢だって、
いつかはきっと、たどり着けるものなんですね♪♪♪

私の場合、完成までに時間がかかりすぎると、
飽きてしまう可能性もあるのですが(笑)

大きな大きな夢にたどり着けるんだ!ということを忘れずに、
一つ一つ、積み重ねていこうと思います(*´∀`*)

コメント







管理者にだけ表示を許可する