07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-11-11 (Tue)
今日の東京は、今にも雨が降りそうな空模様で、
ぐっと気温も落ち込んでおります

今週の天気予報では、最低気温も10度を下回る日が続くようで、
徐々に、冬が近づいているようです。

先日、『立冬』も迎えたことですし…ね



さて、どんどん寒くなればなるほど、
一段と、毛糸の愛おしさも深まるようで…

ここのところは毎日、
毛糸と触れ合う日々を過ごしている私です

もう一年前くらいになりますか、
姪っ子に耳当て付きのニット帽を編みましたが↓
~Knit for Baby~ 耳当て付帽子(2013/12/28)   ~Knit for Baby~ 耳当て付帽子#2(2013/12/30)
↑ 記事は、写真をクリックしてご覧いただけます♪ ↑

ちょっと思うところがあって、
ベビーニット帽141111_1
新しいものを一つ編みました

仕上がりが気に入らない…とか、そういうわけではなくて、
前に二つ編んだときに、ふと思った編み方を試してみたかったのです


セーターでも、マフラーでも、帽子でも、
何かを編みたい、と思うときは大抵、

作品集に紹介されているものから選んで…ということが多いかと思うのですが、
そこで紹介されてる“編み方”は、

ほとんどの場合、『下から編む』方法だったりします。


セーターもスカートも裾から、
マフラーも端(先)から長く編む、
帽子も下からトップに向かって、

と編んでいくのが、一番分かり易いからで、
ということは編み易いのですね


でもでも。


セーターだって、肩から編み下ろしたって、
脇や中心から横に編んだって、
マフラーも、長い横方向から編み始めたって、

もっと言えば、斜めに編んだって、
形が整えば、それは決して“間違い”ではないんですよね
そう、ただし問題は、“形が整えば”ということで…
セーターを斜めに編んでいくのは、
考えただけで、頭が痛くなりそうではありますが^^;




前回ニット帽を編んだときは、
先に耳当てを二つ編んで、トップに向かって減目していく、
“下から編む”方法で。

今回は、そんな“ふとした思いつき”から、
【トップから増し目して編む方法】で編んでみたのです

減目する作品を反対側(編み終わり)から編もうとすると、
編むときは逆に、目を増していきます。
ベビーニット帽141111_4
しかも、編み方向が作品の向きと逆なので、
編み目の向きも、逆さまになるのですね。

なので、一つ一つの目が目立ちにくくて、
増し目の箇所も、それほど目立たない。
じぃ~っと目を凝らして探すと、
分かっちゃいますけれど^^;


今回は、ベージュに茶の細糸を引き揃えて、まだらっぽい編地になっているので、
もともと目が分かりにくい、ということもありますが、
目の方向が逆さまになると、多少、目の大きさにばらつきがあっても、
正方向で見るよりは、目立ちません


もう一つ、減目する方法の特徴なのですが、
減目した目が“立つ”ので、
その箇所が筋になって、浮き上がって見えるんです。

これは、以前ご紹介した、ラグランスリーブのサマーニットですが、
ラグランスリーブのサマーセーター/グレーテープ×Vネック(2014/08/05)
袖と身頃の境目に見えるラインが、その減目して立てた目。
こうしたラグランスリーブなどでは逆に、目を立てて筋をはっきりさせるのが特徴です。
↑ 記事は、写真をクリックしてご覧いただけます♪ ↑


前回の帽子では、『H』みたいな模様の間が減目したところですが、
ベビーニット帽131230_5
ちょうど青のハートが縦に三つ並んでいるところ。

ラインが浮き出るのが気になって、敢えて模様みたいになるようにしてみたのですが、
仕上がりはさほど綺麗にならなかったですけれど^^;


減目の筋を見せるかどうか、気になるかどうか…
これは人それぞれの好みだと思いますが、

とにかく今回は、下からではなく、トップから編んで、編めるかどうか、
そんな思い付きを形にしてみたくて、
編んでみたのです

下から編むのとは、細かな部分で、気にしなければいけないポイントとか、
いくつかの発見もあって、大変満足

仕上がりも悪くないし、ね



ニット帽、やっぱりトップにこれは欠かせない!
と、
ベビーニット帽141111_2
前作と同じく、大きなポンポンをつけました。
縁編みも同じく、ガーター編みです。


耳当ての紐の先、
ベビーニット帽141111_3
今回はタッセルにしてみましたよ

タッセルは、ポンポンを作るのよりは、糸量も少なく、
簡単に形が整えられるのですが、

タッセルをこうした紐の先に取り付けるのは、
ポンポンの方が楽だったかも…
もう少し、取り付けの慣れは必要かな?

ちなみに、耳当てに付けた紐は、
シンプルに鎖編みです。


ポンポンやタッセル、付属のものを整えるのに手間はかかっちゃうけれど、
サイズも小さいので、サクサク編めるベビーニット帽。

時間がかからずに一つ作品を仕上げられると、
色んな糸、色んな模様で、

次から次に編みたくなる衝動に駆られてしまいます


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する