03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2012-08-22 (Wed)
映画や、美術展には、
よく足を運ぶruruですが、
「観劇」には、まったく興味をそそられることがなく、
特に、「ミュージカル」は、
「歌って踊って」にいいイメージが持てず、
食わず嫌いならぬ、
観ず嫌い…

そんなruruが、
母と妹に誘われて、
劇団四季の『オペラ座の怪人』を観に行ってきました。
オペラ座の怪人120822_1
観終わった感想は…


大・大・大感激!

ruruが抱いていたミュージカルのイメージとは、全くの別物でした!

歌も、踊りも、
そして、
次々に転換して、
観る側を引き込む舞台のセットの迫力も、
とても素晴らしいものでしたが、
何にも増して圧倒的な印象を受けたのは、

ファントムが歌い、叫ぶ、歪んだ愛…

最後は、涙をこらえることができませんでした


喜びや、悲しみ…
言葉にならない感情というものは、
言葉以前の感覚とも言えるかもしれません。

それが身体を突き破って表現されるとき、
踊りや、音楽、歌の形をとるものなのでしょうか。

これまでに経験したことのない、
「心の震え」を感じた、
貴重な体験となりました


記念に購入した、チャーム
オペラ座の怪人120822_2
以前、美術展で購入したブックエンドに、
色味もピッタリで、大満足です
関連記事
スポンサーサイト
Theme : 趣味と日記 * Genre : 趣味・実用 * Category : my blog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する