09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-05-16 (Thu)
今年は、開花が早かった、
東京の桜。

近くの公園の、
お花見130323_5
満開だった桜並木は、


5月に入って、
初夏130516_1
すっかり緑一色に。




満開に咲いていた、

カントウタンポポも、
初夏130516_3
この写真一枚の中に、
蕾、咲き終わり、綿毛の蕾(?)、ふんわり綿毛、種を飛ばし終えた、
一続きのタンポポが納まりましたよ



シロバナタンポポも、
初夏130516_4
綿毛に変わり、


公園は、
初夏130516_2
まぶしい新緑の季節です。



私の、“ほぼ日課”は、

毎朝、この公園を、
ぐるっと一周、ウォーキングすること


沢山の木々や植物や、

花が咲く公園。


見知ったものもありますが、
初夏130516_5



そのほとんどは、
初夏130516_6
名前も分からないものばかり。



でも、名前を知らなくても、

だからこそ?
初夏130516_7
じぃーっと、見つめたくなります



葉の中心に伸びるのは、
初夏130516_8
蕾でしょうか?

雑草の様にも見えるけれど、

その、背丈精一杯で生きている姿が、
とても愛おしく思えます。



色とりどりに魅せてくれる、
沢山の花々も、素直に美しいと思うのですが、

やっぱり、私は、
初夏130516_10
《緑》が好きなのだと、


そして、《樹》が好きなのだと、
初夏130516_14
改めて思います。



今の時期は、まぶしい陽を浴びた、
初夏130516_12
木々の下から見上げる、


そんな光景が、
初夏130516_11
本当に、心地よい




古株の樹に芽吹く若葉の、
初夏130516_9
モコモコっとした姿も好きだけれど、
何故か、今でも真っ赤な葉をつけている樹。
多分、楓だと思うのですが…
若葉の萌黄に、深紅の楓。
不思議な風景だけれど、この強いコントラストに惹かれます



この公園で、一番好きな景色は、
初夏130516_15
風に揺れる楓の下。

重なり合った葉の作る見事なグラデーションは、

ずっと見ていて、本当に飽きません



夏でも、冬でも、
晴れの日も、曇りの日も、

そして、雨でも雪でも、長靴を履いて。



仕事を辞めて、
運動不足になるからと、始めた“ほぼ日課”ですが、
時には、気分の乗らないときだってありますよね。
なので、出来るだけ毎日やろう♪の、“ほぼ日課”です


一年以上続けた今は、
この毎朝の時間、味わう空間が、

私にとって、《ニュートラル》になれる、
初夏130516_13
大切な日課になりました



自分でも、
ちょっと不思議な記事?と、思ってしまう、
今日のご紹介ですが、

この公園は、私にとって、
大切にしたい“居場所”の一つなのです

ちょうど、良い季節だったので、
記録に残してみました。

一緒に、“散策”してくださって、
ありがとうございます



** ブログランキングに参加しています **

いつもクリックありがとうございます♪
とっても励みになります^^
↓↓

クリックありがとうございます♪

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 散策・自然観察 * Genre : 趣味・実用 * Category : my blog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する