06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-05-05 (Sun)
GWの後半は、とってもお天気に恵まれていますね

今日はこどもの日。
皆様も、家族みんなでお出掛けしたり、
お家でお祝いをしたり。

あるいは、初夏の風に、穏やかな時間を堪能したり…

楽しいひとときを過ごされているといいなぁ



昨日5月4日みどりの日は、
各地の公園や植物園が、
入場無料で開放されていましたね


そんなこともあって、我が家は、

都心のオアシス
浜離宮130504_1
浜離宮恩賜庭園に、行ってきました


臨海地区にある、浜離宮。


広がる自然のバックに、そびえる高層マンションの姿が、
浜離宮130504_2
逆に、“癒しの空間”な雰囲気がして、
清々しい気持ちがします



高層ビルに囲まれた、“都心のオアシス”と言って、
一番に思い浮かぶのは、

やっぱり『新宿御苑』。


でも、
今回初めて訪れた『浜離宮恩賜庭園』は、

同じように、木々に囲まれた『新宿御苑』とは、

どこか雰囲気が違って…



徳川将軍家の庭園、という縁のせいでしょうか、


手入れされ、整備されてはいるものの、

あたりに、古めかしい空気が漂っていて。
浜離宮130504_3
ここは、『馬場跡』。

きっと、ここで馬を走らせていたんだなぁ~と、思うと、

すぅーっと抜けていく風に、
馬の蹄の音が聞こえてくるようでした



園内には、多くの植物、

と言うよりも、

樹木が沢山植えられていて。


きっと考えられて植樹された、
浜離宮130504_10
松の木が囲む、池。


チョコンとした、可愛らしさに思わず、
写真に撮ってしまいましたが、
浜離宮130504_4
これは、松ぼっくりの赤ちゃんでしょうか…?



梅林の根元には、
萌える若草の間に広がる、
浜離宮130504_5
小さな薄紫色の花畑。


芝生の広場もあるのですが、
元気よく遊ぶ声を、どこか控えさせるような、

どこまでも穏やかに、


それこそ“庭園を愛でる”


そんな雰囲気に包まれていました。



徳川将軍家のお庭。

その歴史の古さを感じさせてくれたのが、
浜離宮130504_7
こちらの、『三百年の松』。


この、雄大で、
浜離宮130504_8
どっしりとした姿…

圧倒されてしまいます


その一方で、
浜離宮130504_9
新しい命も。



古い、長い時間と、

その中で繰り返される、

次に繋がっていく息吹と。



歴史ある場所だけれど、

決して“古臭くない”。


明日は、今日よりも、きっと良い一日になる…

そんな、穏やかな気持ちになれた、ひと時でした



そして、この場所で、ある嬉しい出会いが

園内を歩いていた時に、

ふと足元に見つけた、一輪の花。


これって…近くの公園で、

柵に囲われた場所で咲いていた花とそっくり…
浜離宮130504_6
花の下部分(総苞)が反り返っていない…

『カントウタンポポ』です


ちょっと嬉しい出会いでした


ブログランキングに参加しています♪

応援クリックしていただけると、とっても嬉しいです


いつもクリックありがとうございます♪
とっても励みになります^^
↓↓

クリックありがとうございます♪

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 散策・自然観察 * Genre : 趣味・実用 * Category : my blog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する