06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-07-28 (Fri)
前回ご紹介した記事が、
今年の初め。
モルモルスルータ170130_10
モチーフを長くつないで、
クルクル巻いて、
可愛らしい姿に、
中途半端な満足感

けれども。
たとえ、目に可愛く映っても、
それは、未完成。

完成まで、あともう少し…

というところで、またしても足踏みしながら、早半年。


いつまでも、中途半端に残してはおけない
最初のイメージでは、
モチーフをつなぐ糸を、濃い目にしようと思っていたのですが、
合わせてみると、どうもしっくりこなくて、
かといって、白でつなぐのも、物足りない
モルモルスルータ170727_1
と、結局、あちこち糸を掘り返して、
白のコットンに、細いベージュの糸を引き揃えて、
微妙にニュアンスを変えてみることに。

全部で10本あった、長くつないだモチーフを、
1本1本、つなぎ合わせたら、
モルモルスルータ170727_2
ぐるっと、ネット編み。
モチーフをつなげばつなぐほど、
最後の縁編みが、当然だけど、いやに長い^^;


縁編みの最終段を悩んだ末に、
大げさになるのも、雰囲気が合わなかったので、
ネット編みがしっかりする程度の、
おとなし目に仕上げてみました。
それでもやっぱり欲しい“縁編み”感は、
四つ角のピコット風でさりげなく^^


全部でモチーフ180枚を使った、
モルモルスルータのブランケット、
モルモルスルータ170727_3
やっと、完成です~

サイズは、110×160。
モチーフをつないだ巾が当初の予定よりも幅広になったので、
ひざ掛けよりも少し大きいくらいのイメージが、
かなり大きくなりました

それにしても。

アルネ&カルロスさんのパターンブックに触発されて、

アルネ&カルロス 北欧のガーデンニット
ノルウェーの庭から生まれた36の手づくり

余り糸の活用にピッタリ
と意気込んで編み始めた、ブランケット。

始めの記事をアップしたのが、
15年5月。

途中途中、かなり放置が多かったとはいえ、
2年以上もかかってしまいました

最後は、

出来上がりにワクワク

というよりも、

とりあえず…仕上げなきゃ

と、縁編みは、半ば“やっつけ”のような心持で。
ゲージをちゃんと取らなかったから…?
モチーフをつないだネット編みが多かったから?
モルモルスルータ170727_4
端っこが波打ちました

大きいものを作るときには、
自重で垂れも出やすいですし、

モチーフ同士はしっかりつないだ方が良さそうです


まぁ、波々していても、
モチーフの大きさが若干違っていたとしても、
大きくなったから、かなり重さが出たとしても
モルモルスルータ170727_5
お腹い~っぱい
達成感タップリ

あれだけ、完成までに、時間をかけて、悩んで、
スムーズに進まなくて、

出来上がったときは、『もうしばらくは…モチーフはいいかな

なんて思ったけれど。

こうして見ていると、不思議。



違う色で、
違うまとめ方で、

もう一枚、作ってみたくなっている、

ワタクシです


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)



関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-26 (Wed)
皆さん、意欲的に編み物、編み物
夏でも、続々と作品が完成中の編み物教室

本日のご紹介は、
波のポーチ170726
波のポーチ、Mさんの作品です。

ブルー系の段染糸で作った、二つのポーチ。
グラデーションの出方がそれぞれ違って、
お揃いだけど、オリジナルな素敵なポーチが完成しました

一つ目と二つ目、
若干サイズが変わったものの、
それぞれの大きさに合わせたファスナー付けも、バッチリ

日常使いに、活躍してくれそうですね

そして、もう一作品は、
ベビーシューズ170726
可愛いベビーシューズ。
産まれてくる赤ちゃんに…Yさんの作品です

編み物初めての、Yさん。
レッスンを始めるときに、
『私、左利きなのですが。。。編み物はどちらの手で覚えたらいいですか?』

右利きの方が多くいらっしゃる中で、
左利きで編み物をされている方も、
生徒さんの中にはいらっしゃいます。

もちろん、利き手を使う方が“楽”ではあるのですが、
編み物をするときには絶対必要な『編み方図』は、
どれもこれも、かぎ針も、棒針も、

右利きの編み方で書かれています。
親切なはずの、編み方の解説画像や図も、基本右利き

そのため、左利きで編み物される方は、
編み方図を頭の中で反転させて読み解く必要が


『これから編み物を覚えるのであれば、右手使いで覚えた方がパターンを読むのは楽』

ということで。

慣れない右手で使う、初めて持つ道具。

最初のレッスンでは、右を動かそうとすると左手が反応してしまって、
本当に、頭も、手も、疲れたでしょうね
隣で手先を見る私の左手にも、無意識に力が^^;

でも、それも最初だけ。

コツをつかむのが早く、感がとても良いYさん、
2回目からは、とてもスムーズに、右も左も動くようになって、
形よく、可愛いシューズが完成しました

そして、早速2作目

ご自分で選んだケープを編み始め

可愛いグッツが一つ、また一つと増えて、
お迎えするのが、待ち遠しいですね

関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-24 (Mon)
関東もいよいよ梅雨が明けて、
夏本番

と思いきや。

スッキリしない天気が続き、
湿度がさらに高くなったような気がする

九州に続き、今度は東北秋田でも大雨で、
どうすることもできない、なんとも表現しがたいもどかしい想いが、

どんよりした夏らしくない空模様と相まって、
ちょっぴり気分が停滞モード

そんな中でも、
編み物教室は、キラキラと輝くような夏の空気がいっぱい

波のポーチ170724
講習でご紹介している、波のポーチ。
Iさんが、マリンとサンセット、二つのカラーで作って下さいました
どちらも、ジグザグ模様が綺麗に整って、
グラデーションが色合いが映える、素敵な作品に仕上がりました

一つ目は編み方から、ファスナー付けまで、
レッスンでしっかりと。

二つ目は、分かりづらいところ、間違えやすいところを確認して、
ファスナー付けまでしっかり仕上げてくださいました。

ちょっぴり手間のかかる、ファスナー付け。

ちょっぴり面倒にも思う、下準備。

それでも、それでも。

“段取り8分”とはよく言ったもの。

ポイントさえキッチリ押さえて挑めば、
作業は楽チン、仕上がりもバッチリ

難しいかな?出来るかな?
皆さんのそんな迷いは、レッスンで解消
編みたい作品に、どんどんチャレンジしてくださいね

そして、夏の編み物イベントも続々と
ひまわりのコースター170724_1
鮮やかオレンジひまわり、Mさんと、

こちらはKさん。
ひまわりのコースター170724_2
どちらも、大きく綺麗なひまわりが咲きました

最後につけるリーフのモチーフが違うだけで、
同じ色のひまわりも、印象が変わりますね

色を変えてみたり、
大きさを変えてみたり、

まだまだ夏はこれから。

皆さんそれぞれのひまわりが沢山咲いて、
この夏の一日、一日が、
素敵に楽しく、輝きますように

関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-18 (Tue)
つい先ほど。

この前見たのはいつだったろう?と思い返したくなる、

大粒の雹が降りました

雨の降り方も尋常ではなかったけれど、
その、雨のたたきつける音とは違う、乾いた音に不思議に思って窓の外を見たら、
製氷皿で作ったような大粒の氷の塊が

一瞬で止んでしまったけれど、
いやはや、びっくりしました



さて、本日の生徒作品3点
ベビーシューズ170718
可愛いベビーシューズ、Mさんの作品です

編み物は初めてというMさんでしたが、
手先がとても器用で、
サクサクと仕上げられました

気にしていた、左右の靴の大きさも、
綺麗に揃って、仕上がりもバッチリです

手編みの可愛いシューズを履いた、可愛い赤ちゃん、
誕生が待ち遠しくなりますね

そして、こちらは梅雨明けが待ち遠しくなる作品
って、梅雨明けしたのかな?してないのかな?

夏の編み物イベント、早速ご参加を頂き、
大きく咲いたひまわりのコースター、
ひまわりのコースター170718_1
オレンジひまわりは、Iさんの作品、


そして、
ひまわりのコースター170718_2
明るい黄色の、こちらはOさんの作品です

それぞれに選んだ、ひまわりの色。
レッスンでお召しになっていたお洋服の雰囲気とそれぞれピッタリ

2時間で完成した作品を手に、
お二人ともニコニコ笑顔

大きく綺麗に咲いたひまわり、
壁に飾っても良し、コースターで使っても良し、
夏の毎日が、楽しくなりそうですね

関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-12 (Wed)
編み物教室では、
教室の開催中、
作品販売170712_1
ニット作品を販売しています



講習作品の見本として編んだもの、
作品販売170712_2



サンプルにと編んだもの、
作品販売170712_4



どれも、オリジナル作品の、
作品販売170712_3



1点ものです
作品販売170712_5
これまで、
ご自分用に、プレゼント用にと、
沢山の方に購入いただき、
編み手の私としても、
編んだ作品が生きて、嬉しい限りです

作品は、使ってこそ

ハンドメイド品としては、価格もお安く、お分けしています。
『先生、この値段で良いんですか!?Σ(´∀`;)』なんて皆さんに言われますが^^;

価格は安く、
質は高く
作品販売170712_6
仕上がりにはご満足いただけるのでは、と思っています



そしてこの夏。

夏のイベント開催に合わせて、
ニット作品の大セール

作品すべて、半額にて販売いたします
さてさて、いくらになるか。
是非、上の写真に戻って、ご覧くださいね^^


作品は、あるものだけ。

1点ものの作品、二つと同じものは制作する予定はありません

講習で使用した作品の他、
中には、講習でもご紹介していないものも、ご提供があるかも

半額セールの開催は、
7月15日(土)~8月31日(木)


販売は、イベント・通常教室の開催中のみとなります。
日程の詳細はこちらでご確認ください↓
イベント開催日→ 
通常教室開催日→ 

気になっていた、あの作品。
たまたま目にして、気に留まった作品。

皆さんのココロが弾むような、
作品との出会いがありますように


関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : ごあいさつ&お知らせ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-10 (Mon)
呪文のような、タイトルで失礼します

編み物していると、作品と一緒に溜まっていくのが、
残り糸。

これまでは、モチーフに使って消費していたけれど、
余り糸を使い切ろう、とせっせと編むと、
今度は、大量のモチーフが溜まる結果に
編んでる傍から残り糸が追加される、という原因もあり^^;

糸の状態で残しておくよりは、モチーフにした方が断然良いのだろうけれど、
はてさて今度は、
モチーフをどう使おうか?
と悩む始末。

ということで。

今度は、ポーチを編んでみました。
ニットポーチ170710_1
編地は、練習にと、編み込み模様。
この幾何学的な模様は、サンカ模様。

イギリス、スコットランドのサンカで編まれてきた、
とっても細い糸と、独特なパターンで作られるサンカ手袋。

その模様に使われるのが、この幾何学的な模様。

編み込み模様と言えば、代表的なフェアアイルやノルディック、
また、カウチンなども、
自然をモチーフしたパターンが多くみられるのに対し、
サンカ模様は、こうしたデザイン的な模様であるのが、
他に見ない特徴ですね。

本来は、フェアアイルに使うような極細の糸を使いますが、
編み込みの練習、ということで、
使ったのは中細の糸。
ニットポーチ170710_2
ポーチの反対側は、色と模様を変えて。

一つの模様の単位が小さく、
編み込みの糸を渡す目数もそれほど多くないので、
練習にはぴったりかも

ただ、編むときは、濃さや色合いを対照的にしないと、
模様の良さが分かりにくいですね
本家サンカ手袋は、黒×白がベーシックカラー

そしてそして。

編むことは、一応得意だけれど、
針を使うこと、寸法をキッチリあわせることには、
ちょっぴり苦手意識のあるワタクシ。

けれども今回は一念発起して、
ニットポーチ170710_3
内布もつけてみました。

編み物していると、案外、“縫う”作業も多かったりするので、
縫い付けることには、以前ほど抵抗がなくなったものの、
どうにも、布地をまっすぐ裁つ、まっすぐに縫う、ということが、
なかなかこれが、自分に集中を課すところ。

けれども、布を切って、縫って、縫い付けて、
気づきました。

“これも、経験なんだ”と。

多少、ずれても、いいじゃない~

気持ちをちょっぴり楽にしたところで、
ニットポーチ170710_4
もう一つ。
フェアアイルの編み込み模様。

頑張って、付けてみたけれど。
ニットポーチ170710_5
これは、布の選択ミス

写真では真っ黒になりましたが、
深いグリーンの生地なのです。

黒かグリーンか、という問題ではなく、
濃い色は向かない、ということですね
小さいものは入れないようにしよう^^;

そして、私の手習いは続き、
ニットポーチ170710_6
ちょっと大きめのポーチ。
グリーンと同じ太さの並太を使ったので、
大きさは1.5倍くらい?

こちらもフェアアイルの模様で、全体柄にして使いました。

お花の模様だったので、
ニットポーチ170710_7
内側にも、お花。
ちょっとうるさかった?(-"-)

糸と同じく、生地もなぜかたっぷり溜まっているので、
あるもの組み合わせの結果です

ここまで、平たいポーチを仕上げてきて、
最後は、
ニットポーチ170710_8
教室で開催中の、波のポーチ。
一番最初に編んだ、パターン試し用の一作。

自分用にと決めていたので、
ニットポーチ170710_9
ファスナーはレインボーで遊んでみました

このポーチは丸底の、マチ付き。

マチ付きの内布は、仕上げるのがちょっと難しかったけれど、
ニットポーチ170710_10
何とか使える程度には、仕上がりました


さてさて、これまでの私にしてみたら、
随分と頑張って仕上げた、
内布付きのポーチ。

実は、編み上げた状態で放っておかれたものばかり。
サンカ模様のポーチに至っては、一年以上放置したかも(-_-;)

今回、一気に仕上げられた原動力は、
ある、一つの言葉。

- 目は臆病、手は鬼 -

この言葉、中にはピンとくる方もいらっしゃるかな?

東北で伝えられてきた言葉だと、
一人の生徒さんが教えてくださいました。

やらなくてはいけないこと。
”目”にすると、その量や難しさや、手間を思い、気が引けてしまったり、
意気消沈しがちになるけれど、
動かした”手”は、どんなことでも、こなせてしまう。

この言葉を聞いたときに、
まさに、自分のことを言われているようで、身につまされ、

そして同時に、
黙々と手仕事をこなし、守り、伝えてきた東北の女性たちの、
おおらかでエネルギー溢れる、笑い声を聞いたように感じました。
ニットポーチ170710_11
立ち止まった背中をポンと叩いてくれた、
素敵な言葉。

まだまだ端くれながらも、培ってきた“手”の力を信じてもいいと教えてくれた、
大切な言葉。

手仕事に携わるすべての方と、
教えてくれた生徒さんに、
感謝


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)



関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

おはようございます * by 元ちゃん「静かな時間」
ruiさん、おはようございます。

なるほど、私も<目は臆病>です。
なんだかんだと自分に理由をつけて、始まるまでが大変です。
それでもって、始めてしまえばなかなか終われないという、矛盾もあります。
なんとか直したいものです。

元ちゃんさん♪ * by rui
こんにちは^^
遊びに来てくださって、嬉しいです♪ありがとうございます(*_ _)

考えてしまう方がいつも先で、
フットワーク鈍いんです(-_-;)
常々、身体を先に動かさなくては。。。と思ってはいたのですが、
直球で、背中をバシッとたたかれた気分でした^^;

やっとこさ、動き出したのに上手く進めないと、
余計に気分が凹みますよね。
元ちゃんさんはきっとストイックに真摯に、
手の中の世界と向き合われていらっしゃるんですね(´`*)
(私は立ち止まると、すぐ諦めてしまいます(笑))
ご本人にしてみると、終わりが見えないように思える作業が、
時に辛くなることもあるかもしれませんが、
それが、吸い込まれるような大きな深みにつながっているのかもしれませんね☆

素敵な世界がこれからもまた、一つ、一つと生まれるのを、
楽しみにしています(´▽`*)

個別記事の管理2017-07-07 (Fri)
本日の、生徒さん作品、

夏が待ち遠しくなる素敵な作品が完成しました
サマーラウンドバック170707
サマーラウンドバック、Sさんの作品です。

ブラウン×ネイビーの組み合わせで、
普段使いに出来るクラフトバックも、上品に仕上がりました

隠れてしまったけれど、持ち手も濃い目の色を合わせて、
夏だけでなく、秋口にかけても、使えそうですね

一つ完成させて、素材を変えた2作目も取り組み中。

また雰囲気の違った素敵なバックが楽しみです

そしてこの日のレッスンに、
シュシュ170707
シュシュを装っていらしてくださいました

今年のシュシュは、フリルが多め。
シルバーラメの糸で、控えめながらも目を引く華やかさが素敵です

いつも熱心にレッスンに参加してくださるSさん、
どんどんスキルも上達して、
作品の完成度も高い

そして、出来上がった作品は、やっぱり使ってこそ

作品が完成するたび、

楽しくなる毎日、
待ち遠しくなる明日、

皆さんの笑顔を見るたびに、
私のココロも、弾みます



関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-05 (Wed)
編み物教室では主に、

ご提案する作品を編んでいただく 講習 と、

ご自分の好きなものをお好きな糸で編む フリーレッスン を

行っています。


また、

『編み物を始めてみたい』という方に 体験講習 も開催中です



梅雨はいつ開けるかな?

ちょっと早すぎるような台風が過ぎ去って、
このまま梅雨明け、になると、ちょっと早い気もする

雨の日が好きな私としては、
もうしばらくは、梅雨のしっとりした日々を味わいたいところですが…


さて、8月のスケジュールが決まりましたので、
お知らせいたします

7月のスケジュールはこちらをご覧ください → 

*8月のスケジュール*

◎ 午前(10:30~12:30) ◎
8/1(火)
8/3(木)
8/8(火)
8/10(木)
8/15(火)
8/17(木)
8/22(火)
8/24(木)
8/29(火)
8/31(木)→13:30~15:30に変更になりました(8/17)

◎ 午後(13:30~15:30) ◎
8/4(金)
8/18(金)
8/25(金)

(レッスンの詳細はこちらをご覧ください → 


開催場所:クラフトパークIMA光が丘店

レッスンのお申込みは、お電話または店頭にて
 03-5383-3881 
(営業時間:10:00~20:00 定休日:年末・年始)
※開催日の3日前までに、お申し込みください



●8月の講習作品は、

①サマーラウンドバック
《サマーラウンドバック》


②波のポーチ
《波のポーチ》


とても好評で、皆さん早速編んでくださっている、夏のニット作品
夏、とはいいつつも、
ナチュラル系でまとめたバックは秋口まで、
さらっとしたコットンのポーチは、オールシーズンOK使えますよ


そして8月も、通常のレッスンとは別に、
編み物イベントも開催いたします

☆ひまわりのコースター
イベント作品《ひまわりのコースター》


レッスンの詳細は、
それぞれ、写真をクリックしてご覧ください


●体験講習は、

☆かぎ針編みのベビーシューズ
体験講習《かぎ針編みのベビーシューズ》


☆棒針編みのベビーミトン
体験講習《棒針編みのベビーミトン》

を開催中

小さな作品ですが、
編み物の基本がギュッと詰まっています。

基本的なことを覚えたい初めての方も、
経験者の方も、
お気軽にご参加下さい


●フリーレッスン(棒針編み・かぎ針編み)も、随時受付中です

『これを編んでみたいけれど、道具を持つのも初めて!』

『編んでみたいけれど、一人で編むのは、ちょっと不安

『この作品を、こんな風にアレンジしたい!』

そんな“編みたい!”気持ちは、是非お気軽にご相談ください

『途中で挫折して、しまい込んでしまった…
そんな作品も、完成まで、お手伝いいたします

レッスンにご興味のある方は、
こちらをご覧ください → レッスンのご案内

お問い合わせは、メールフォームよりお気軽にどうぞ





関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 開催スケジュール
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-07-03 (Mon)
7月に入りまして、

梅雨が続くような、もうすぐ開けてしまいそうな、

さらには台風もやってくるようで

はてさて…今は何の季節なんでしょうか?



季節が巡っても、

ときに、“混乱”しても、

編み物は、一年中、楽しめます
ハンドウォーマー170703
リーフ模様のハンドウォーマー、
Fさんの2作目です

お嬢さんが使ってくれた1作目。
毎日毎日使ってくれたので、少々くたびれて…
今年の冬に備えて、新しいものを

模様編みは、目の位置を確認しながら編む必要があるので、
記号図に慣れるまでは、ちょっぴり大変ではありますが、
一度完成させたら、記号図の読み方もバッチリ

お嬢さんの好みに合わせて、
指穴の位置を変更。
編み目も揃って、綺麗なリーフ模様が浮かび上がりました

冬に活躍するハンドウォーマーですが、
夏も、冷房の効いた部屋で、手先が冷える、
なんていう時にも、重宝しますね。


教室では、作品を2作、3作と編んでくださる方も多く、
シュシュ170703
色んな糸を使って、
Sさんも沢山のシュシュを編んでくださいました

小さい作品は、気になった糸を試し編みのように使うのにもピッタリ。

きちんとマスターしておきたい、糸始末の仕方を改めてレッスンで確認したり、
作品のカラーアレンジ、使う糸の選び方なども。

作品は一つ作って終わり、にしたら、もったいない

もっと綺麗に編みたい、

自分好みにアレンジしたい、

一つの作品から生まれる、新しい“編みたい”気持ちにも、
レッスンでしっかり、お応えいたします

そして、もう一つの作品、
これからの季節に大活躍間違いなし
ボトルカバー170703
ボトルカバー、Oさんの作品です。

可愛らしい雰囲気のOさんが好きな、ピンク系の色。
作品では、ベースではなく、アクセントカラーで取り入れました。

アクセントにしたことで、
控えめでありながら、それでいて印象的な可愛らしさのある、
まさにOさんの雰囲気にピッタリな作品に仕上がりました

クリア感のあるピンクのビーズも、
全体の雰囲気とあって、素敵な組み合わせです

編むことも、楽しい

編んだ作品を使う毎日は、もっと楽しくなる

一つ、また一つと、
皆さんそれぞれの、毎日を彩る“dear one”が増えていくこと、
私にとって、
一つ、また一つと、
幸せのプレゼントを頂いています


関連記事
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 生徒作品
* Comment : (0) * Trackback : (0) |