08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-09-22 (Fri)
未経験の世界に、足踏みして、
ずっと放置していたけれど、

意を決してチャレンジした、
輪編みで編んで、切り開く、フェアアイルのスティークという技法。

ハサミを入れるときはドキドキだったけれど、
上手く仕上がった、
チャレンジは楽し♪/スティークでホルダーカバー
ホルダーカバー。
↑ 記事は、写真をクリックしてご覧いただけます♪ ↑

一度経験すれば、
躊躇していた時間がもったいなく思うほど、

気持ちはどんどん前向きに

手元にある残り糸の、新たな使い道
フェアアイルラグ170922_1
思いのままに、色を組み合わせて、
フェアアイル模様のラグを作ってみました。


編地を切るのも、
フェアアイルラグ170922_2
もう怖くない~

フェアアイルは基本、1段につき2色の糸を使うのですが、
フェアアイルラグ170922_3
ベースと配色の組み合わせだけでなく、
上下の色合いとの組み合わせ、
模様の入り方などなど、

編んでみると、これが結構、

出来上がりの“予想外れ”が大きかったりする

モルモルスルータの適当配色感覚で選ぶと、
何だか良く分からない出来上がりになったり


モチーフはただ色の組み合わせで編み上げていけるけれど、
編み込みの場合は、やっぱり、

編む模様に、もう一歩、感覚を磨く必要がありそうです


ならば、あとは、ひたすら編むだけ。


ただ…

切った端を折り返してかがるのが、
サイズが小さくても、なかなか面倒なのですね~

という訳で、
フェアアイルラグ170922_4
スティークの部分は折り込まずに、


編み目を解いて、
フェアアイルラグ170922_5
フリンジみたいにしてみました

本体の編み目が解けないよう、端を止める必要はありますが、
折り込んでかがるよりは、全然楽チン


2枚とも、同じ模様で編んだ、
フェアアイルラグ170922_6
フェアアイルのラグ。
大きさが違うのは、号数が違うため。

同じ模様に見えるような、
違う模様に見えるような、

そもそも、元々の模様も、分かりづらい?
それは私の選色のせいですが

それでも、色を変えるだけで、
これだけ雰囲気が変わる

こんな模様で、こんな色を組み合わせたら、

どんな模様が浮き上がってくるの…?

どうしてこんな印象になるの…?
フェアアイルラグ170922_7
フェアアイルの配色探求、ブームはしばらく、続きそうです

*** Special Thanks ***
ラグに使った模様はこちらから♪


シェットランドのちいさなニット―フェアアイル編みの小物づくり


ブログランキングに参加しています♪

↓ バナーをクリックすると、ランキングのポイントが入ります ↓

クリックありがとうございます♪   

* Ctrlキーを押しながら、二つのバナーをポチポチッとすると簡単です *


いつもクリックありがとうございます
とっても励みになります(*´∀`*)




関連記事
スポンサーサイト
Theme : 編み物 * Genre : 趣味・実用 * Category : 毛糸(編み物)
* Comment : (0) * Trackback : (0) |